ブリアン歯磨き粉の効果と正しい使い方

子供が嫌がって歯を磨いてくれなくて困ったことはないでしょうか。

そんな子供のために開発されたのがブリアン歯磨き粉です。

今回はブリアン歯磨き粉にはどんな効果があるのか、

そして正しい使い方を説明します。

子供用歯磨き粉【ブリアン】

ブリアンの効果

ブリアンを開発・販売しているウィステリア製薬が

注目したのは「BLIS M18」という菌。

BLIS M18はブリス菌と言われていて

虫歯菌などの病原体を防ぐ効果があります。

BLIS M18を研究したのは世界一虫歯が

少ないというニュージーランドです。

ニュージーランドの人は虫歯が少なく、

歯医者も少ないんですね。

なぜニュージーランドの国民は虫歯が少ないのか

というところに注目して研究したところ、

BLIS M18に辿り着いたというわけです。

BLIS M18は口内で虫歯の原因となる虫歯菌を退治してくれます。

ですのでBLIS M18が含まれているブリアンを

継続的に使用することによって

虫歯になりにくくなる効果があるんですね。

ブリアンの使い方

ブリアンは従来の歯磨き粉のようにペースト状ではなく

粉になっていて、1回分が袋に入っています。

使い方は歯ブラシを少しだけ濡らして

1回分のブリアンを歯ブラシにつけて磨きます。

磨いた後は水で濯がずに口に残ったブリアンを吐き出すだけ。

歯の生えかけの赤ちゃんの場合の使い方は

お母さんの指にブリアンをつけて

指で赤ちゃんの歯を磨きます。

この場合もゆすぐ必要はありません。

粉状で歯を磨いても泡立つことがなく、

味もストロベリー味なので子供が嫌がることなく

歯磨きをしてくれるのでしょう。

まとめ

ブリアンにはBLIS M18という菌が含まれていて

虫歯になりにくい歯になるという効果があります。

そして子供も歯磨きを嫌がらなくなるという効果もあるんですね。

子供用歯磨き粉【ブリアン】

大人用ブリアンはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする